最新情報 rss

2016年09月08日(木)

ゴルフプレイヤーのクラブへの " こだわり" のついてまた一つ、こんなクラブリメイクがありましたので、リポートしたいと思います。どんなゴルフプレイヤーにも、特に、ゴルフに一生懸命取り組むゴルフプレイヤーのみなさんには、自分のイメージする 「 ゴルフクラブの姿、形 」 というものがあります。それがイメージされないとクラブをアドレスした時に違和感が生まれ、 " どうもしっくりこない ” という大変厄介な感覚が起きてしまいます。ゴルフは結構微妙で、繊細なスポーツですから・・・ 

今回はつくば市にお住まいの、N さんのクラブリメイクのこと。
アイアンクラブのヘッド形状に対する拘りから、N さんの場合は、写真のように#5 #6 #7の番手のアイアンヘッドと、#8 #9 PW の番手のアイアンヘッドを違うモデルのもので揃えたクラブセッティングにしているチョッと珍しいゴルフプレイヤーです。

上の3番手はヘッドのそれほど大きくないプロモデルタイプのキャビティー設計のストレートネックモデルですが、舌の番手は、ヘッド形状も若干大きく、グース度の大きなタイプのモデルを使用。ともに、軟鉄鍛造製法のヘッドですが、#5 #6 #7はライ角の少しアップライトな形状にし、#8 #9 PW はややフラットなタイプのモデルです。

また、今回は、その装着シャフトを、#5 #6 #7は、ボールの弾道を上げる為に、トゥルーテンパースポーツインクジャパンの、DG PRO のスティールシャフトの、X100(シャフト重量125gのタイプ) を装着することにし、#8 #9 PW は従来からお使いの、DG ツアーイシュー X100(シャフト重量 130g弱)を装着することにしました。
また、それは一つの試みとして、60度のSWには、カーボンの120gタイプの重量120gのタイプを入れてみることにしました。

ゴルフクラブは自分の納得のいくクラブを作って、打ってみなければ、いい、わるい、分かりません。積極的なゴルフプレイヤーは何でもTRYしてみるものです。その中から本当に自分に合うものに "めぐり合える" わけですから・・・。

ゴルフを本当に愛する日本全国の"悩めるゴルフプレイヤー"のみなさん、ゴルフを楽しくする為に、クラブのこと、スイングのこと、プレイ心理、戦略のこと、etc 何でもご相談お待ちしております。心を中心に、技 体 具(使用クラブ) のバランス重視でゴルフに取り組んでください。029-855-8562へTELくださいネ。
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567