最新情報 rss

2016年10月06日(木)

ドライバークラブの飛距離が落ちてしまった、というお悩みは、どんなゴルフプレイヤーにとっても必ずおこりえる問題です。体調不良でしばらくゴルフから遠ざかっていた N さんにとっては深刻です。ゴルフクラブを振っていないと、ヘッドスピードは必ず、落ちてしまいます。今回は少しでもボールを飛ばしたいという N さんのお悩みを何とか解決してさしあげたいげたい、と考えて・・・

つくばみらい市にお住まいの N さんですが、近隣には県南で有名なゴルフ場が多くあり、ゴルフ環境は抜群です。
数年前に体調(背中)不良でゴルフをお休みされていて、最近再開したゴルフで、ドライバーの飛距離の落ち込みに悩みはじめた、とのことで、ご来店になられました。

早速お使いドライバーを拝見しました。
クラブ自体はヘッドは13年クラブ前のチタンヘッドで、シャフトは軽いものに交換されていましたが、クラブ長は45インチ弱、クラブ重量305gで、クラブバランスはC9,シャフト振動数は243cpmでした。
また、ヘッドのフェイス面に多少の、 ”ゆがみ” があり、一部はフェイスが陥没している状態でした。
今回は、そのヘッドを使わずに、中古ヘッド + 中古シャフトのクラブリメイクで、クラブを作ることにしました。
先ず、ヘッドスピードを上げる為に、クラブ長を少し長くして、クラブ重量を軽くし、クラブバランスを若干重くして、ヘッドの重量をより感じながらスイングできるクラブにし、シャフト硬度は現状維持程度で、多少はシャフトにしっかり感のあるクラブを目指しました。
その為に、ヘッドはウエイトコントロール可能なものをセレクトし、シャフト、ヘッドアングルの調整も出来るように考慮しました。

旧ドライバーと新ドライバーのスペックは、
旧クラブ クラブ長=45インチ弱、クラブ総重量=305g,  クラブバランス=C9,  クラブ振動数=243cpm
新クラブ クラブ長=46インチ,  クラブ総重量=291.8g クラブバランス=D2.5 クラブ振動数=234cpm になりました。

また、①、ヘッドのウエイトコントロールのウエイト位置をお好みで変えること、②、スイング面では、体の力を少し抜いて、左右の手の力の入れ方をバランスよくすること、③、また、ボールを若干 右から見る、ようにアドレスし、幾分、払い打ち気味に修正しること、をアドバイスさせてもらいました。

 ゴルフを本当に愛する日本全国の”悩めるゴルフプレイヤー”のみなさん、ゴルフを楽しくする為に、クラブのこと、スイングのこと、プレイ心理、戦略のこと、etc 何でもご相談お待ちしております。心を中心に、技 体 具(使用クラブ) のバランス重視でゴルフに取り組んでください。029-855-8562へTELくださいネ。

[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567