最新情報 rss

2016年12月12日(月)

ゴルフプレイヤーのみなさん、寒いシーズンです、” 冬ゴルフ” 楽しんでますか? つくば市の W さんからアイアンクラブのシャフト折れの相談を受けました。気温が低く体感的にも体の動きが良くない今のようなシーズンはゴルフクラブのシャフトにとっても注意が必要な 時期 ですが・・・

アイアンクラブに装着されているシャフトは、スティールシャフトか、カーボンシャフトです。
スティールシャフトはもちろんその素材は金属です。強度的には大変強いものですが、金属ゆえに ”錆びる” という欠点があり、ある程度のメンテナンスが常時必要で、クラブを使った後はある程度シャフト表面の水分をとって、拭いておくことで、大切です。

また、カーボンシャフトのほうはもちろん錆びる、ということはなく、シャフト強度的には大変強いもので、特定のメンテナンスは必要ありませんが、想定外の方向からの衝撃には非常に脆いという側面があり、シャフト折れはそんなところから発生するのではないか、と思います。

冬のゴルフシーンでは、ヘッドのスイートスポットを外してボールヒットした場合、そのヘッドに対する影響よりは装着シャフトが想定外の方向に ”捩れ”てしまい、特に、ヘッドとシャフトの装着部分近辺にその衝撃がかかり、それがシャフトの折れに結びついてしまうようです。
その場合、ヘッドとシャフトの接着部付近が折れてしまい、そのシャフト交換は結構大変になってきます。
通常のシャフトの交換は、装着されているシャフトを ”抜いて”、新たなシャフトを装着する、という点順ですが、このようにシャフトがほとんどないような場合はシャフトを抜くことは出来ませんので、ヘッドホーゼル内部のシャフトの残部分をドリルで破壊し、綺麗にした後に新たなシャフトを装着することになります。
今回のシャフト折れは#9アイアンのヘッド近辺でシャフトが折れてしまった状態ですので、このような手順でのシャフトの交換作業になります。

 ゴルフを本当に愛する日本全国の”悩めるゴルフプレイヤー”のみなさん、ゴルフを楽しくする為に、クラブのこと、スイングのこと、プレイ心理、戦略のこと、etc 何でもご相談お待ちしております。心を中心に、技 体 具(使用クラブ) のバランス重視でゴルフに取り組んでください。029-855-8562へTELくださいネ。
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567