最新情報 rss

2017年03月13日(月)

つくば市にお住いの、K さん。ゴルフに積極的なプレイヤーです。クラブへの拘りもあり、自分に合ったクラブを充分吟味してお使いになるプレイヤーでもあります。トータルクラブスペックマッチィング(T・C・S・M) という考え方からすれば、最近のドライバークラブは結構手軽に自分にマッチしたクラブヘッド、シャフトのセレクトができるのかもしれませんが・・・

周知のように、最近のドライバークラブは、圧倒的に 「 スリーブ機能のついたヘッドの取れる構造の 」 ものが多く、比較的手軽にヘッドとシャフトの組み合わせを変えてボールヒットしてみることが可能となっています。
例えば、ヘッドを1つ、お気に入りのものを用意して、それに同じ種類のスリーブの付いた全く別メーカーのシャフトを挿入したスペックを準備しておけば、これで2本のドライバーが揃ったことになり、本当に自分に合ったシャフトはどちらなのかを選ぶことができるわけです。
もちろん、2本のシャフトは全く別重量のものではなく、「 自分にとって打てる範囲の重量帯のもの 」 でなければならないわけですが。

K さんの場合は USA C社の JPNモデルのヘッドと、USAモデルのヘッドをお持ちで、それに同一スリーブの付いたシャフトを数本用意されていました。

今回シャフトの交換をオーダーされたのは、昔お使いだったスルーボア構造のヘッドに装着していた フジクラ スピーダー(SPD) の569 の R フレックス のシャフトです。

最近のシャフトに比べて昔のシャフトのシャフトフレックスはどちらかというと硬めの設定が多く、ましてやスルーボア構造のシャフトはさらにその構造上硬度が増す傾向になります。

スルーボアの場合はヘッドからシャフトを抜いた際、その先端部分の塗装が剥がさせているわけですので先端をカットして見栄えを保つ必要があり、その分シャフト硬度は増してしまう、わけです。しかし、そのクラブをお使いだったときはその硬いシャフト硬度でボールヒットをしていたわけで、逆にその硬さがマッチする場合もあり、これはやってみないとわからないことです。

ゴルフクラブは 「 何しろ、作ってみて、使ってみて、その結果だわかる 」 ものなので、ゴルフに積極的なプレイヤーがそのことを一番よくわかっているわけです。

K さんのベストマッチなクラブの一つになるように、願っています。

ゴルフは大変すばらしい生涯スポーツです。
老 若 男 女 どの年代のプレイヤーも楽しむことができるスポーツです。
そのすばらしい ”ゴルフ”をより一層充実させれためには、心を中心に、技 体 具(使用クラブ)のバランスが重要です。
ウインズゴルフつくば はそんなゴルフプレイヤーのサポートをさせていただきます。
現在特別営業時間(10:00am前~1:00pm前までの営業時間で毎月20日前後の水曜日1日のみの休み)
でのサービスですが、何でもお気軽にご連絡ください。
029-855-8562へTELくださいネ。
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567