最新情報 rss

2017年04月06日(木)

先日 つくば市(?)にお住いの、H さんのアイアンクラブの飛距離のお悩みの件 お話を伺いました。内容的には他のゴルフプレイヤーの疑問、お悩みの通じるものなので、概略説明させてもらいますが・・・

駐車場の整備工事の足場の悪い中、ご来店ただきました H さん、ありがとうございました。

ゴルフクラブのお悩みの相談は、お使いのPWの飛距離の件でした。
クラブは、USA T社 のキャビチィーバックアイアンで、950GHの Sシャフト装着モデルをお使いですが、そのPWの飛距離が115ヤード飛んでしまうので、全く同じPWで、DGS200装着モデルを購入し、そのロフト角を47度に曲げてほしい、とのことでした。今回はご本人がお仕事でいらっしゃれないので、別の方(奥様)がクラブをお持ちになりました。

クラブスペックチェックをしてみました。
クラブメーカーのカタログ数値では、このモデルはロフト角45度、ライ角64度、になっていましたので、 H さんはこの情報をもとにクラブを購入し、まだ打っていない状態でクラブをお持ちいただいたようで、「 まだこのクラブは打っていない。」 とのお話でした。このモデルは軟鉄鍛造モデルですので、調整は可能ですが、今回はこんな提案をさせていただきました。

①、まだ使っていないクラブです。シャフトはDGS200ですので現状お使いの950GHよりもクラブ重量が重く、その分飛距離が出ない可能性があります。H さんの希望は 「 100ヤード打てるクラブ 」 ということでしたので、このままでももしかした100ヤードしか飛ばないかもしれない、と説明し、まず、練習j場で打ってみること、がベターだろう、と提案しました。
②、AW etc での対応も当然視野に入れての対応が必要になります。これは詳細を確認する必要があります。今回は確認できませんでした(上記のようにご本人不在でしたので)。

③、これが大切なことですが、クラブメーカーのカタログのスペック数値は残念ながら現物とマッチしていない場合があります。
今回の H さんのクラブも当店のロフト/ライ角計測調整マシーンでの計測では、ロフト角47度、ライ角度63度になっていました。
ゴルフクラブは、特にアイアンクラブのスペック数値は絶対値ではなく、相対値とお考えください。計測マシーン、計測の仕方でも数値は変わってしまうほど微妙なものです。ですので、先ずはご自分で打ってみて、その飛距離差を確認し、各番手ごとに均一な飛距離になっていない場合、調整する、ことが必要でしょう。

100ヤード打つクラブはどんなプレイヤーにも必要なとても重要なクラブです。
いろいろなアプローチの方法があります。ゴルフプレイヤーの皆さんの希望を聞き、その場合、場合での対処を一緒にしたいと思います。


ゴルフは大変すばらしい生涯スポーツです。
老、若、男、女、どの年代のプレイヤーも楽しむことができるスポーツです。
そのすばらしい”ゴルフ”をより一層充実させるためには、心を中心に、技 体 具(使用クラブ)のバランスが重要です。
ウインズゴルフ つくば はそんなゴルフプレイヤーのサポートをさせていただきます。
何でもお気軽にご連絡ください。029-855-8562へTELくださいネ。






[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567