最新情報 rss

2017年04月17日(月)

やっと少しづつ暖かくなってきました。ゴルフプレイヤーのみなさん、ゴルフプレイ楽しんでいますか?ゴルフ場も少しづつですが ”緑” になってきます。ゴールデンウイークころには本来の緑のジュータンが引き積まれる(?)かな~,と期待しますが・・・

暖かくなるとボールも飛び出して、ドライバーの飛距離が戻ってくる時期になりますが、取手市の M さんが先週いらっしゃって、ドライバーのシャフトの交換、フェアウエイウッドのシャフト交換をオーダーされました。
クラブは最近のスリーブタイプのドライバーで、やはりここでも飛距離UPのために、少し長尺のクラブになるようにシャフトを設定したものにしたい、とのお考えでした。
クラブの飛距離UPはどんなプレイヤーにも共通な願いです。

今回のようなシャフト交換は非常に多いオーダーですが、スリーブ付ヘッドの傾向は、「 ヘッド重量が少し、または、非常に重たい 」 ということです。もちろん、ウエイトコントロールできるヘッドの場合は別ですが、そうではない場合は、飛距離UPのためには少し工夫が必要です。

ミート率の高いプレイヤーがボールヒットする場合はできるだけ長いドライバーが飛距離UPの近道ですが、ここで問題にいなるのは、そのクラブ総重量です。
今回 M さんがチョイスしたシャフトは50g台のシャフトですが、ヘッド重量が201g、グリップ重量が52gで、45.5インチのクラブ長に設定すると、そのクラブ総重量は310g弱になり、クラブバランスはD5~6くらいになってしまい、これではH/Sが40Km/Sクラスのプレイヤーには大変振り辛いドライバーになってしまいます。

本来ならば、この場合は、シャフトを40g台の少し軽いものにして、その総重量を約10軽くし、グリップ重量も現状より、5g程度は軽いものにしたほうがいはずです。
しかし、今回は M さんの希望で50g台(実際は52gでした)にシャフトにしましたので、クラブ長を0.25インチカットして、少しでもクラブバランスを軽くする、クラブリメイクを実施しました。
仕上がったクラブのスペックは、クラブ長=45.25インチ、クラブ総重量=308,5g,クラブバランス=D2.5,クラブ振動数=235cpm、というものでした。

できればクラブ長46インチ前後、クラブ重量290g台、でクラブ設定したほうが飛距離UPにはつながると思います。その際はクラブバランスはD5~6くらいでも一般的に 「 振り切れるクラブ 」 になるはずですが・・・。

ドライバークラブのシャフトチョイスにはひと工夫があると飛距離UPという楽しみがプラスされます。
皆様もどうかお気軽に事前にご相談ください。何でもお答えさせてもらいます。
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567