最新情報 rss

2017年12月14日(木)

シャフトの硬度はシャフトラベル etc にレタリングされている、R(レギュラー)、S(スチッフ),X(エクストラスチッフ),etc のシャフト表示が目安ですが、これは クラブの長さ、ヘッドの重量、等の 組み合わせによって感覚が変わってきます。また、クラブメーカーのシャフトか?シャフトメーカーのシャフトか?,によって違いますが・・・

11月後半から気温の低下によって、体感気温が非常に低いために、今までのようなゴルフができづらくなっています。

ここ数日のシャフト交換の傾向ですが、やはりそんなことも影響しているようですが、シニアプレイヤーを中心に、「もう少し柔らかいシャフト」 にしたい、というオーダーが多いようです。

ゴルフクラブ(特にドライバーについてですが)は、各ゴルフクラブメーカー 全般的な傾向ですが、クラブメーカーオリジナルシャフトの場合、そのシャフト硬度は「柔らかめ」シャフトが多く、逆に、有名シャフトメーカーのオリジナルリシャフト用シャフトは、全く以前と変わらないシャフト硬度のままです。
シャフトの硬度は、シャフトの重量に比例して、「 軽いシャフトは全般的に柔らかめ、重たいシャフトは全般的に硬め、」といような傾向です。
つまり、シャフト重量もシャフトの硬さの感覚に非常に影響しています。

今回 阿見町にお住いの、N さんの相談は、UTクラブのシャフト硬度が硬く感じるのでシャフトを交換したい、という相談でした。
調べてみると、少し古いUTクラブで、シャフトラベルは R 表示ですが、重量が70g以上あるために、そのシャフト硬度は Xシャフト級の硬度でした。
そこで重量を60g程度にし、クラブメーカー用の中古UT用シャフトに交換しました。

以上のように、シャフト硬度は様々な要素によってその硬度は全く違った感覚になってしまい、これからの ” 冬ゴルフ ” にはご自分の感覚を充分大切にしたシャフト選び、硬さ選び、が重要です。
先ずはお使いクラブをお持ちください。スペックチェックしてみましょう。


[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567