最新情報 rss

2017年12月25日(月)

ユーティリティークラブをお使いのプレイヤーが急増中ですが、その分 UTクラブの ” お悩み ” も増えているようです。つくば市にお住いの、Y さんの 「 UTクラブのお悩み相談 」 はちょっと話が複雑ですが、何とか問題解決!? となりそうで・・・

お使いクラブは少し前の、コブラ バフラー の UT クラブ 2本(写真 参照)です。
当初の装着シャフトはカーボンですが、数年前にDG SLシャフトに交換していますが、ヘッドのホーゼルの内径が8.4mmで、マッチするシャフトは、ウッド用のシャフトオンリーで、軽量のDG系のシャフトだと当時は DGのSLのウッド用シャフト(パラレルシャフト)があり、それを装着した、ようです。
UTクラブは、その設計状況で、ウッド用シャフト装着モデル、アイアン用シャフト装着モデル、があり、最近は9.0mmのUT用シャフト装着モデルのあり、様々です。ウッドシャフトモデルはクラブ長が比較的長く、重量が軽い場合が多く、また、アイアンシャフトモデルはクラブ長が短く、重量が重い場合が多い、というような特徴があります。

今回のモデルは、シャフト径はウッド用ですが、そのクラブ長は比較的短いクラブで、チョッと特殊です。

Y さんのリクエストで、DG の SLシャフトのウッド用パラレルシャフトを探しましたが、数年前のモデルシャフトでシャフト自体が廃版になっており、一時はシャフト交換が難しくなりましたが、いろいろな当店のリサイクルパーツの中を探してみました。

Y さんのお悩みはシャフトの硬度です。パラレルシャフトは先端をカットしてその硬度を出す構造になっていますが、恐らく先端カットが少なく、シャフトが柔らかくなった状態でクラブリメイクしてしまったのが ”クラブの違和感” の遠因でしょう。そこでクラブ重量は維持して、シャフト硬度を上げることができそうな中古シャフトパーツを何とかチョイスしました。リメイク過程はスペースの都合でカットしますが、気になるリメイク前のクラブスペックと、リメイク後のクラブスペックを記しておきます。
これで何とか安心して打てるUTに生まれ変わった、と感じます。先ずは練習してください、Y さん!

前スペック #3UT クラブ長=39.75インチ、クラブ総重量=377.8g,クラブバランス=D2,クラブ振動数=246cpm
        #4UT クラブ長=38.75インチ、クラブ総重量=389.2g,クラブバランス=D2.6,クラブ振動数=250cpm
新スペック#3UT クラブ長=39.9インチ、クラブ総重量=382.7g,クラブバランス=D1.5,クラブ振動数=267cpm
       #4UT  クラブ長=39インチ、 クラブ総重量=392.5g,クラブバランス=D0.5,クラブ振動数=276cpm。
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567