最新情報 rss

2018年03月22日(木)

ゴルフクラブにはヘッドの重量とシャフトの重量、そしてそのクラブの長さによって、「 最も最適なクラブ長 」 というものがあり、ヘッドとシャフトが決まってしまった時点で、” あまりにも短いクラブや、長すぎるクラブは本来 NGクラブ ” ということになってしまうわけですが、つくば市の A さんのご要望もあり・・・

「 チョッと使ってみたいドライバーヘッドがあるのでシャフトを入れてみたい! 」 という A さんのオーダーがありました。
現状のクラブは、プロゴルフプレイヤーが使っていた(本当に使ったいたようで、ヘッド、シャフトとも相当ハードなもので・・・)ようなクラブで、ヘッドはフェイス幅=59mm以上、ロフト角=8~9度あるかないか、フェイスアングル=オープン、で、シャフトはグラファイトデザインの、ツアーAD DJ-7 Xフレックス でした。また、ヘッドデザイン的にネック長が長いモデルで、相当なハードヒッターが若干ヒールヒットで、フェイス上部でヒットしなければボールが上がらないようなドライバークラブでした。

お持込のヘッドは全く一般的な、ヘッド重量=197gのもので、全く問題はないようでしたが・・・・・・。

しかし、いろいろチェックしてみると、問題発生です!

先ず、現状のクラブは44.5インチ弱の比較的短いクラブでして、その分当然現状のシャフト長も短いわけです。また、ヘッドのネック長が長いモデルですので、シャフト長は非常に短いことになります。
今度装着したいというヘッドはネック長が短いために、クラブ長がより短いものになり易いわけです。
また、そのシャフトですが、70g台の X フレックス で相当ハードなものですので、若干簡単なヘッドを装着してもクラブ自体は総重量、振動数 ともハードスペックになってしまうことは否定できません。
お使いドライバークラブが超ハードスペックではティーショットで相当気を使わないとならなくなり、その後のチョッとに影響が出てしまいかねない、と思いますが・・・。
そこで A さんにシャフト交換は NG だ、とお伝えしました。
しかし、 A さん、何とかクラブにしたい、ということで、クラブリメイクしてみることにしました。
ヘッドを抜いてみると、ヘッド重量が205gもありましたが・・・。

気になるクラブスペックですが、クラブ長=43.75インチ、クラブ総重量=32.6g,クラブバランス=C7.7,クラブ振動数=281cpm、でした。
その後のクラブリメイクとしてはクラブ長を伸ばしてクラブバランスをUPさせ、シャフト硬度を柔らかくする、ことですので、A さんが試打の後、要望があればトライしてみましょう。


[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567