最新情報 rss

2018年05月03日(木)

先日何かの調査で、ゴルフプレイヤーのアイアンクラブの使用シャフトの種類がデータとして出ていましたが、その時の結果だと、カーボンシャフト使用プレイヤー 14%,に対して、スティールシャフト使用プレイヤー 79%,でした(残り 7% はリシャフトプレイヤー とこと)。チョッとスティールシャフトの割合が多すぎるような気がしますが・・・?

アイアンクラブはその番手の豊富さから慣れるのに時間がかかるクラブです。昔からお使いのゴルフプレイヤーには、やはりクラブ重量が必要なのかもしれません。
一般的にカーボンシャフトは重量的に軽いクラブ設定になり易く(シャフト重量が50~70g体が非常に多いため),アベレージヘッドスピードプレイヤー向きですが、方やスティールとなると、そのシャフト重量は80g以上で、軽量スティールシャフトの定番である950GHですと90g以上です。また、昔からの ” ド定番 ” ダイナミックゴールドシャフトは120gほどになります。
軽いカーボンと、重いDGだと、70g前後のシャフト重量差があるわけで、これは全く違ったクラブ、になるわけで、それぞれお使いプレイヤーは区別されることになります。

つくば市にお住いの U さん。
昔からの重量級アイアンクラブをお使いのゴルフプレイヤーです。また、シャフトの硬度も比較的硬めの設定がお好きのようです。
その U さん、今回は以前に当店で(データを探したら5年前くらいに直している)ロフト/ライ角調整をした2001年発売くらいのT/M社の 当時の JPNモデル R300 フォージドアイアン を、別のクラブに装着してる DGS200 シャフトにリシャフトしたい、とオーダーを受けました(写真参照)。

クラブ長が少し短くなりそうな設定でしたので、その部分の了承を受けてのリシャフトです。
すべてのパーツデータをチェックしてみると、クラブバランスが非常に軽くなる過ぎてしまいそうなので、急きょヘッドとシャフトの接着部に真鍮の鉛を重量を計算しながら挿入し(写真参照)、何とか完成。

ゴルフプレイヤーにはマッチした(そのプレイヤーのクラブフィーリングで安心できる)クラブ重量があります。
皆さんもそれぞれに最適な 「 クラブ重量 」 早く見つけてください。それが  楽しいゴルフ  への近道です。

お手伝い、アドバイスは、 ウインズゴルフ つくば へ オーダーくださいネ。 


[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567