最新情報 rss

2018年06月11日(月)

プロゴルフトーナメントで非常に残念なことが起きてしまいました。片山 晋吾選手のプロゴルフツアーのプロアマでの不適切な態度のことですが・・・

先ず現在のプロゴルフトーナメントの運営方法の仕方ですが、基本的にはトーナメントの主催者である「 スポンサー企業 」がその運営経費を提供し成立しています。トーナメントに観戦に来てもらったギャラリーの払う観戦料ももちろん大切な資金ですが、残念ながら実際にはそのほとんどはスポンサー企業が賄っているのが 「 トーナメントの現状 」 でしょう。

つまり、プロゴルフトーナメントに出場しているプロゴルフプレイヤーの受け取る賞金もそのスポンサー企業から出ているようなもので、選手が優勝し非常に高額な賞金を受け取れるのもすべては主催してくれる企業があって初めて成り立つことなのです。
プロの収入=企業からの資金提供 という構造は今後も変わることなく、続いてゆくでしょうし、企業スポンサーがプロゴルフトーナメントを主催してくれなければ、プロゴルフプレイヤーはその生活を維持することができない、ということなのです。

その資金提供スポンサーが通常通りその ” お客様 ” をもてなすのがプロアマトーナメントです。

つまり、プロアマトーナメントはその主催企業にとっては非常に意義のある、大切で、重要な 「ゴルフプレイ」 なのです。それをサポートするのがそのトーナメントに出場するプロゴルフプレイヤーです。

その重要なプロアマで、何と男子プロゴルフプレイヤーで永久シードを持つ、片山 晋吾選手が不適切な(内容は不明)行動で参加アマチュアプレイヤーと問題を起こした、という今回の問題は、全く残念で、今後さまざまに影響してくることと思います。

現在 ゴルフを取り巻く環境は非常に厳しい展開です。

今後のプロゴルフトーナメント(特に男子)の存続に大きくかかわるこの問題は、一人一人のプロゴルフプレイヤーが自分の問題、ゴルフ界自体の大きな問題と認識して取り組んで、改革していかなければならない非常に大切ことです。

もう男子プロゴルフツアーは開催できないかもしれません!
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567