最新情報 rss

2018年07月30日(月)

いつも この時期になるとご来店いただくのが、土浦市にお住いの、I さんです。Iさんは年に1回は必ずお使いゴルフクラブのグリップをチェックして、必要な場合は必ず交換する,という習慣なのですが・・・

今年も例年同様、TELで連絡をいただいた後、ご来店いただきました。

堂々たる シニア シングルハンディキャップ ゴルフプレイヤーで、今までにエイジシュートを 3回 達成されている、上級ゴルフプレイヤーです。
いつもその場で数本のゴルフクラブのグリップを交換させていただきますが、作業中にゴルフについてのいろいろなお話をお聞きすることができるのも非常に楽しい ” ひと時 ” なのです。

ゴルフクラブ装着のグリップはほぼ 1年程度でゴムの劣化が進行し、表面がツルツルしてしまいますので、定期交換はゴルフプレイヤーにとっては、「 満足のいく結果 」 を目指すためには必須です。
その辺のことを十分わかってるゴルフプレイヤーは残念ながら、少ないものですが・・・・・。

また、I さんのすごいところは、グリップの装着方法にご自分なりの 拘り があるところです。
今回は、FW#5ウッド、#8アイアン、ウエッジ4本、の交換をさせてもらいましたが、ウッドはカーボン、#8アイアンは軽量スティール、ウエッジはDGS200,と装着シャフトが多岐にわたっていますが、シャフトの種類によってバット系が違い、グリップの太さが違うために、その両面テープの巻き方を変えてグリップの外形的な ” 太さ ” を統一させる、という工夫をされています。そのためにこちらとしては非常に気を使い作業になるわけですが、これもまた逆に、勉強になり、楽しいことなのです。

最近のゴルフプレイヤーは使い慣れたクラブを大切にする、また、少し手を加えて自分なりのクラブに作り変える、ということよりは、クラブ自体を買い替える、交換する、という傾向にありますが、「 ウエッジのフェイス部分に、メッキの取れた打球痕のボール状の跡 」 がついた I さんのクラブを見ると、” このクラブを持つとバーディーのイメージが出る ” という I の言葉が実感されます。

体調管理のために最近は週2回、ジムに通っているという I さん、いつまでも DGS200装着クラブを元気に使って、ゴルフ頑張ってください!


[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567