最新情報 rss

2018年08月02日(木)

8月です、真夏です、暑いです。ゴルフプレイヤーの皆さん、体調管理しっかりして、ゴルフを満喫してください!ゴルフクラブはチョッとした ” 工夫 ” でそのクラブのイメージが変わるものです、それほど微妙なものなのですが、昨日はこんなことがありました・・・

土浦市にお住いの、Y さんのクラブリメイクの話です。

ゴルフ場にお勤めの Y さん、ゴルフクラブの知識もあり、ご自分でもクラブリメイクできるゴルフプレイヤーです。
今回のクラブ相談は、パターのフェイスアングルのこと。
最近中古クラブとして購入した S ・ キャメロン のパターですが、少し前のモデル とはいえ大変きれいなパターで、傷も少なく、良品でした。しかし、構えてみるとそのフェイスのアングルが少し 左を向きやすい状態でセッティングされていました。
これはヘッドソール部分のヒール側の傾き具合と、オーバーホーゼルネックのシャフトの挿入具合と、ヘッドのネック処理の構造が原因、なのでないか、と思われます。

ヘッドの状態から見てヘッドを万力に挟んでオーバーホーゼル部分を曲げる方法もありますが、ヘッドの綺麗な状態を保るためには、この方法は NG です。

そこで、一度シャフトを抜いて、抜いたシャフトを再度微妙にその挿入方向を変えてみて再挿入してみて、一番フェイスアングルが 「 少し開き気味 」 になるポジションを見つけてみる、ことにしました。
オーバーホーゼルシャフトとは、ヘッドのネック部分が少し膨らんだシャフト先端部に通常とは逆に挿入されていて、接着されているモデルのことです。ヘッドを抜いてみると、ヘッドの上部がシャフトの中に入っていて接着されているのが分ります。

今回は Y の見た通り、クラブリメイクでシャフトとヘッドのアングルの感覚が変わり、フェイスアングル自体が開いた状態に見えて、Y さんのアドレス感覚が 100% 生かせそうなクラブに生まれ変わりました。

ゴルフクラブをちょっとした工夫で全く違ったものに クラブリメイク できるんだ、ということを再発見しました。

チョッとしたクラブのイメージ変更で、ずっと長くお使いになれるクラブに変えられる、こともあります。
ゴルフプレイヤーの皆さん、何でもご相談ください。ほぼ毎日、午前中は必ずいますので、ご連絡、ご来店ください。
(写真はオーバーホーゼルシャフトの イメージ です)
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567