最新情報 rss

2019年01月07日(月)

平成も今年の4月で終了し、新たな ” 元号 ” になります。また、新たな時代の幕開けです。1月早々、厳しい寒さが続きます、ゴルフプレイヤーの皆さん、元気ですか?新年最初のリポートはこの時期に結構多い、「 クラブ事故 」 のクラブリメイク相談ですが・・・

土浦市の、K さん、昨年末にドライバーヘッドのフェイス部分の ” 亀裂 ” に気がついたそうです。
ボールヒット時にはまだ気がつかなったと、ということですが、明らかにフェイスが割れています。このまま使い続けると徐々に亀裂部分が広がって行き、ボールの飛距離に相当な影響が出てきます。
ドライバーヘッドはその最大容量460mlの場合、フェイス部分の厚みは相当に薄い設計のなっており、練習 etc で毎回ボールヒットを続けると、場合によってはこのように 「 ヘッド割れ 」 ということが起きることがあります。
ヘッド自体はこのような場合、修理は基本的に不可能です。

今回 K さんの場合は、以前お使いのドライバーのヘッドをヘッド交換でクラブリメイクすること、にしました。

ヘッド自体は同じクラブメーカーの別モデルのヘッドですが、ヘッドを交換すると全く同じヘッドでない限りそのクラブスペックは変わってしまいます。
ヘッドには、重量、ネック長、フェイスアングル、ロフト角、また、最近はヘッドカラー、etc、さまざまなヘッドスペックがありますので、ヘッド交換をすればしばらくはそのヘッドにあった練習をすることは必要で、K さんの場合も同様でしょう。

ゴルフクラブは思わぬ状況で、ヘッド割れ、シャフト折れ、etc のクラブ事故が起きるものです。できればゴルファー保険にご加入したほうが安心です。
また、当店、中古ヘッド、中古シャフト、リサイクルグリップ、etc 用意しておますので、「クラブ事故」発生の場合はご相談ください。

今年もゴルフプレイヤーの ホームドクター を目指します!
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567