最新情報 rss

2019年01月31日(木)

ゴルフクラブはその番手設定によってヘッド重量が微妙に違い、その重量の違いによって設定クラブ長が違っていますがそのことで 「 クラブバランス 」 という ” クラブの重量を感じる感覚 ” は同じようになるように設計されています。ゴルフクラブのホームドクターを目指す ウインズゴルフつくば です・・・

阿見町にお住いの W さん。
最近流行のユーティリティークラブをお持ちになりクラブ相談にいらっしゃいました。

その相談内容は、22度設定の表示番手 #4UTがどうも打ちづらい、といこと。

このクラブはヘッド単体にシャフトをリシャフトしたもので、別の工房で作製されたものでした。
早速クラブ自体のスペックを計測してみると、シャフト重量UT対応の50g、フレックス R の比較的シャフト硬度が柔らかいもので、クラブ重量も軽く、「 振るのに厳しい 」 ものではありませんでした。
しかし、クラブバランスは D9 というもので、一般的なクラブに設定されているクラブバランスではありませんでした。

つまり、シャフトの交換時にそのクラブ長をヘッド重量以上に設定し、「 普通じゃないようなクラブバランス(D9) 」 になってしまったのではないでしょうか?

表題でも掲示したように、ヘッド重量とシャフト重量、及び、そのクラブ長は密接に関連していて、「 クラブ長、クラブ総重量、クラブバランス、シャフト硬度 」 は上手に決めていかないと打ちづらいクラブになってしまう、といことなのです。

今回はそのクラブ長を 1インチカットしてクラブバランスを D3 まで下げました。

ゴルフクラブリメイクは何でもご相談ください。そのプレイヤーに少しでも満足してもらえるクラブリメイクを目指します。

[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567