最新情報 rss

2019年04月22日(月)

ドライバークラブのスリーブ装着モデル、大変多くなり、各有名クラブメーカーはもちろん、いわゆる 「 地クラブ 」 的なクラブメーカーも挙って同モデルの製造をしており、” ヘッド脱着ドライバー ” はここ最近ではドライバークラブの主流となっていますが・・・

阿見町に住まいの、M さん。先日そのスリーブ装着モデルのシャフトの交換でいらっしゃいました。少し前のモデルをお使いの M さん、現在お使いのシャフトは2本ありますが、そのうちの1本のシャフトの先端のスリーブが破損してしまったようで、中古スリーブをお探しでした。                 このモデルは少し前のモデルですのでメーカーではそのスリーブの生産は終了しているようで、困っていらっしゃいました。この当時のスリーブはいろいろありましたが、このモデルはスリーブの先端部にプラスチック部分が装着されており、以前もこの部分が割れてしまい、スリーブが使えなくなってしまったり、そのために真ん中の回転部分(ロフト角を変える構造の部分)が無くなってしまったり、チョッと問題のあったモデルでした。                                                 このプラスチック部分はシャフトを抜く際に注意が必要で、しっかり養生して熱が伝わらないようにしないと解けてしまう、というリスクもありました。                                      

そんなこんなでここ最近の各メーカーのスリーブの構造は少しずつ ” シンプル ” になって来ているようです。M さんのお使いのモデルのようなプラスチックを使ったものは少なく、アルミの一体成型のモデルで、セルもない構造のものも多く、これは、各メーカーの今までのスリーブのデザイン構造の変遷の結果なのでしょう。

今回の M さんのシャフトの交換のことですが、昔の中古スリーブの在庫の中に偶然 同モデルもあり、クラブリメイクをすることができました。

スリーブ装着モデルはいろいろ楽しめて便利です。弾道、球筋、アドレスの印象、etc ヘッド1つで数本のシャフトを手軽に自分で交換することができます。自分にマッチしたシャフトを見つけて、お楽しみください。

[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567