最新情報 rss

2019年05月23日(木)

ゴルフプレイヤーの多くが抱えているお悩みは、ドライバーのこと。何といってもゴルフプレイの醍醐味はほとんどのティーショットにお使いになる(ショートホールは別)、ドライバーショットで、各ホールのスコアの 明暗 を左右する場合があるからで・・・

牛久市の K さん。先般 購入し、シャフトまで交換したドライバークラブのボールの方向性にお悩みです。シニアプレイヤーですが腕力は比較強い K さん。交換したシャフトは軽量(40g台)で、比較的柔らかく、また、クラブ長もあまり長くない、ものにリメイクされていました。

早速お持込のクラブのスペックを計測してみましたが、クラブ長は45.375インチ、重量は290以下ですが、クラブバランスもD1程度で、シャフト振動数は210cpm以下、ワックルした感じでは相当シャフト硬度が柔らかい印象です。

K さんの場合は今まで、クラブ長が長く、その長いクラブで遠心力を使ったドライバーショットを好み、シャフト硬度ももう少ししっかりしたものをお使いだった印象を持っていましたが、今回のクラブはそれとは少し違ったもの。

そのゴルフプレイヤーにマッチしたクラブを作ることは難しですが、マッチしそうなクラブスペックのクラブを作ることが重要です。

今回はそのヘッドを生かして、別のシャフトを入れ直すことにしました。気になるクラブスペックは、  ① クラブ長=46.75インチ、クラブ重量=300.3g、クラブバランス=D5、クラブ振動数=239cpm、です。

ドライバーをしっかり振り切ることがティーショットを真直ぐ打つ秘訣です。それは力を入れて打つ、といことではなく、あくまでもスイング中にそのクラブを最後まで,しっかり ” 振り切る ” ことができるクラブを使うこと、安心してスイングできるクラブを使うことが重要です。そんなクラブをクラブリメイクで作る、ことが重要です。

[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567