最新情報 rss

2019年08月19日(月)

ドライバークラブを含めたウッド系クラブを中心に ” スリーブ装着クラブ ” が主流の時代。また、ネット購入が増えて、新品、中古クラブ、中古パーツ etc が容易に手に入るわけで、ゴルフプレイヤーにとっても手軽にほしいものが入手しやすいわけですが・・・

最近多いクラブリメイクの相談は、ネットで購入したり、友人から譲り受けたりして手に入れた中古シャフトを、ご自分のドライバークラブのヘッドに装着したい、というオーダーです。

また、ここ最近は、スリーブ装着ヘッドが多くなり、お使いでないスリーブが付いている中古シャフトを手に入れて、そのシャフト部分のみを使いたい、というリクエストも急増中です。

写真のように各有名クラブメーカーはそのほとんどのケースとして、スリーブ装着ドライバーを発売しています。そのために一度使ったスリーブの再利用、逆にスリーブは使わず、シャフトのみを使いたい、という要望が多くなるわけです。

石岡市にお住いの、T さんもそんなゴルフプレイヤーです。今回は中古のシャフトをネットで購入し、新たに別スリーブを新品で手に入れ、それをお使いヘッド(こちらももちろんスリーブヘッド)につけたい、といもの。

基本的に、スリーブというのはイコール(=)ヘッドの一部だということです。スリーブを抜くことはヘッドを抜くこと、スリーブを装着することはヘッドを装着することです。ですので、スリーブの 脱 着 にはそのヘッドがあるほうがリメイク作業が大変スムーズにゆきますし、安全に対処でき易い、のです。

当店持ち込みパーツの再利用大歓迎です。その際にはできる限りヘッド自体もご持参ください。

[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567