最新情報 rss

2019年09月16日(月)

9月の中盤に入り、少しづつ ” 秋 ” めいてきました。台風の影響はまだ一部には残りますが、ゴルフ場も秋のベストシーズンを迎え、芝の状態も最高の状態でしょう。そんな中ご来店いただきたのは、取手市の、W さんですが・・・

8月の初旬、ご来店いただいたときに、今お使いのセカンドドライバーの相談を受けまして、どうもシャフトが合わないようだ、ということでお持込いただいた中古シャフトをお持込のヘッドに装着してさしあげました。シャフト自体は軽量の柔らかいタイプで、もともと装着してあったオリジナルシャフトに近いスペックのものでした。                                                                 シャフトというのは数値的に同じようなスペックのものでもクラブに装着してみると、全く違った感覚になる場合があり、非常に微妙なものです。                                                      スイングしていてどうもシックリこない、という場合は、その原因がシャフトなのか?、はたまた、ヘッドの持っているものなのか?分らないのが現状です。その場合はまず、お使いスペックの範囲のものなら場シャフトを交換してみる、というクラブリメイクをお勧めします。ヘッドは、スリーブタイプ、ウエイトコントロール可のタイプ、は別にして、調整できる部分が少ないから、です。

そんな W さんの約1が月前のシャフト交換の結果ですが、実は、昨日再来店いただきました、やはりそのシャフト交換したセカンドドライバーがどうもシックリいかない、ということで、シャフトを戻して、クラブ自体を手放す、ということにしたようです。

ゴルフクラブはヘッド、シャフト、グリップ、という非常にシンプルな構造物です。その微妙なパーツの組み合わせは無限大で、そのプレイヤーにマッチしたクラブを探すことはなかなか難しいのが現状でしょう。

先ずはいろいろ考えて、トライ&エラー、で対処することが重要です。

[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567