最新情報 rss

2019年11月28日(木)

皆さんお使いのユーティリティークラブ。最近はキャディーバックからロングアイアン(#3、#4,#5、場合によっては #6アイアンも・・・)が無くなり、ユーティリティークラブ、ショートウッド、がその場所を占めていますが・・・

いろいろなプレイヤーがお使いになっているからなのか、ユーティリティークラブのシャフト交換、急増中なんです。                                                         ユーティリティークラブはメーカーの企画段階で、(恐らく)アイアン派生型のグループと、フェアウエイウッド派生型のグループに分かれます。つまり、「 アイアンクラブの伸びたクラブ 」 がアイアン型、「フェアウエイウッドの短くなったクラブ 」 がフェアウエイ型、です。するとどうなるか?アイアンクラブ型のUTクラブはシャフトがアイアンシャフト装着で、①比較的短く、②重量の重たい、③シャフトも硬い、クラブになりやすく、逆に、フェアウエイウッド型のUTクラブはシャフトがウッドシャフト装着で、、①比較的長く、②重量の軽い、③シャフトの柔らかい、クラブになりやすい、という特徴になりやすいわけです。

ですので、先ずはクラブをセレクトする段階で、アイアン型のUTか、フェアウエイウッド型のUTか、を知る必要があります。買ってしまって、使ってしまって、「 このクラブはシャフトが柔らかすぎる! 」 「 このクラブは重すぎる! 」 とならないようにすることです。

UTクラブのシャフトの交換の一番の要因は、上記のようなことです。

ユーティリティークラブはその装着シャフト(先端径 9.4mmのアイアン用か、先端径 8.4mmのウッド用か)をまず確認し、セレクトしてください。

また、シャフトの交換の際は 「 このクラブをこのようなスペック(硬く、重く、したい or,柔らかく、軽く、したい etc )にしたい! 」 とお伝えください。全力でご相談に応じます。

[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567