最新情報 rss

2020年07月20日(月)

最近の アイアンクラブは飛距離も重視しているようで、そのロフト角は 「 超 ス ト ロ ン グ 設定 」 で、ゴルフプレイヤーにとっては非常に うれしい アイアンクラブですが・・・

つくば市の O さんの購入したアイアンクラブはロフト角が超ストロング設定で、ボールの飛距離にもこだわったクラブです。ヘッド素材は軟鉄鍛造製法にヘッド内部にポリマーを挟んだ構造で、フェイスも軟鉄素材でソール幅も広く、またネック長も非常に ” 短め ” = 重心が非常に低い というデザインです。

今回のリメイクオーダーはロフト角/ライ角の測定と、若干ボールのつかまりが悪い、ということでの調整 したい、といこと。                                                              早速スペックをチェックしてみると、カタログ設定よりもライ角がフラットで、尚且つ、装着シャフトが NS PRO 950GH neo シャフトの SRフレックス でいつもお使いのシャフトとは若干フィーリングが違っているのかと思います。

このような飛距離重視型のアイアンクラブのヘッドのデザイン上の特徴は、ソール幅は広く、ネックが短い、といこと。このクラブもまさにその通りで、ネック長は非常に短いクラブです。クラブリメイクの面から言うと、クラブ調整にはネックの長さは非常に重要ですが、「 ネック長が短いクラブは曲げづらい 」 ということは間違いありません。

今回も慎重に作業しましたが、大いに ” 気 ” を使い、結構 疲れる作業なのです。

[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042 下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562  FAX 029-855-8567