最新情報 rss
2017年06月19日(月)

松山 英樹選手、全米オープンでの活躍、もう一歩でしたが、お疲れ様でした。この調子で今後も体調を整えて米ツアーでの ” 躍動 ” 期待しています・・・。

ここ数人のプレイヤーの 「 ドライバーのクラブ長が少し ” 短く ” なった 」 情報をリポートしましたが、今回は一転、長いドライバーの話です。

土浦市にお住いの、グランドシニアゴルフプレイヤー I さんのことです。

ヘッドスピード 32m/s の I さん。ドライバーの飛距離は 170ヤード(比較的信頼できる計測機で測った数値だそうですが)。しかし、立派なシングルプレイヤーで、毎日の練習は欠かせません。
そんな I さんは、少しでもドライバーの飛距離を伸ばすための努力をしています。

そんなプレイヤーにとっての飛距離 UP作戦は、やはり、「 ドライバークラブの長尺化 」 でしょう。

ドライバークラブの長尺化に欠かせないゴルフプレイヤーの条件は何か?
考えてみましたが、
①、ヘッドスピードを現状以上に上げるためには、「 できるだけ長いクラブで、できるだけ軽いクラブを 」 スイングし、そのクラブをキッチリ振り切ることできる。
②、また、ボールヒット時のミート率をどのように上げるか、をいつもの練習の中で自分で探し、如何に力を抜いたスイングができるか、いつも考えることができる。
③、例えば、I さんの現在のスイングの課題は、如何にスイング中に ”ボール インパクトをしない” スイングができるか?を考えているそうですが、いくつになっても常に課題を見つけたゴルフができるか、です。

今回 I さんの作ったドライバーは、

クラブ長=47.5インチ、クラブ総重量=286.5g,クラブバランス=D8,クラブ振動数=178cpm、という非常に長く、軽く、柔らかいドライバーでした。


[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562 FAX 029-855-8567