最新情報 rss
2017年06月22日(木)

ご自分が今お使いのゴルフクラブへの ” 拘り ” はどんなゴルフプレイヤーにもあるものです。ドライバーのシャフトの硬度 についての ” 拘り ” に関してチョッと興味深いゴルフプレイヤーの拘りについてのリポートですが・・・

つくば市内で商売されている S さん。
今回はシャフトの硬度について、「 感覚的に 」 ヘッドの挙動を現状よりも少し押さえたい、ということでクラブリメイクのオーダーをいただきました。

一般的に、ゴルフクラブのシャフトの硬度は、R=レギュラー、S=スティッフ、というように、各クラブメーカーが自社基準で硬さを表していますが、各メーカーのシャフト硬度差があるのが現状で、振った感覚とは違うシャフト硬度も多数あり、なかなかその基準値が分かりずらい場合がありますので、当店の場合は、ゴルフクラブになった状態でそのクラブの固有振動数を計測し、その数値を基準にしたシャフト硬度値をそのクラブのシャフトの 「 硬さ 」 と考えるようにしています。ですので、シャフトラベルの R とか S という表示はあくまでも参考値という考え方です。

今回 S さんが相談に持ち込んだのは、ドライバーです。
クラブ長=46インチ、クラブ総重量=308.6g,クラブバランス=D5,クラブ振動数=242cpm、といクラブスペック。

このクラブの先端を約3mm~3.5mm程度カットしてシャフト硬度を若干(本当に若干ですが・・・)UPさせたい、というもの。

クラブは USA C社 のドライバーで、最近流行のスリーブタイプのものです。

シャフトを抜いてみるとやはり、このヘッドはスリーブ付の状態で、200.6g もあり、クラブ長からしてクラブバランスが重く、シャフトの硬度は柔らかいほうに移行しそうです。

クラブリメイク後のクラブスペックは、46インチ-3mm、クラブ総重量=308.6g(偶然にも依然と全く一緒),クラブバランス=D4,クラブ振動数=244cpm,でした。2cpmほど硬度UPしました。

ゴルフクラブはそのプレイヤーの感覚が一番重要な ” スペック ” です。
ゴルフクラブへの拘りは大変重要で、安心してゴルフをするために必要な部分です。
皆さんも少しゴルフクラブに拘ってみてください。また一歩 ご自分のゴルフが進化するかもしれません・・・。


[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562 FAX 029-855-8567