最新情報 rss
2017年07月03日(月)

写真をご覧ください。PINGクラブです。左奥のクラブは PING ANSER モデルで、1983年 前半の 「 85068 」、右奥のクラブは、PING ANSER2 ステンレスモデル、手前のウエッジは、PING KARSTEN Ⅰ SW です。昔のクラブです。PINGクラブと言えば嘗てからパターとアイアンクラブ(キャビティーバックアイアンクラブの先駆けクラブ)で日本でも有名でしたがここ最近は・・・

USAクラブメーカーである PING(ピン)。
もともとは USAアマチュアゴルフプレイヤー(学生)にクラブ供給し、その競技実績を築きながら、プロゴルフプレイヤーに認められてきたメーカーですが、最近では日本のプロゴルフプレイヤーや一般アマチュアゴルフプレイヤーにも受け入れられ、使用頻度が急速に高まってきているゴルフクラブです。

日本では昔から 「 ちょっと変わった形状のクラブ 」 という認識で、” 好き 嫌い” がはっきりしたクラブでしたが、当初よりクラブフィッティング という考え方で販売している数少ないクラブメーカーです。

写真のオールドクラブの特徴は、クラブ重量が軽めで、クラブバランスも Cバランス程度の軽い設定。

しかし最近発売の PING クラブは、特にドライバーにその特徴が出ていますが、① ヘッド重量を重たい設定にすること、② フェイスアングルが左へは行きづらい若干のオープンフェイス、③ ヘッド形状はシャロータイプの簡単なイメージ設計、etc プロレベルから一般アマチュアゴルフプレイヤー にもマッチしたクラブを供給している、わけです。

最近ご来店のクラブリメイクオーダーの中で、PING のスリーブ付ドライバー使用者が急増中のようで、美浦の M さん、つくばの M さん、昨日ご来店の F さんんも、お使いです。
昨日のクラブリメイクでは、PING Gドライバー のシャフトを装着しましたが、スリープ付のヘッド重量が206gもあり、相当ヘッド重量が重たいドライバーであるということが分ります。
このヘッド重量では長尺の設定は難しい 重量 ですが、クラブバランスが重たい、ヘッドの利いたクラブを使いたいゴルフプレイヤーにはもってこいもクラブが出来上がりそうです。

パターとキャビティーアイアンのイメージだった PINGクラブ。
最近の USAプロ、JPNプロ のクラブ使用率は確実に上がっており、日本のアマチュアゴルフプレイヤーにもマッチするゴルフクラブがありそうです。クラブリメイクの時はお気軽にご来店、ご連絡ください。


[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562 FAX 029-855-8567