最新情報 rss
2017年09月28日(木)

自分にマッチしたドライバークラブの重量は必ずあるはずです。それはスイングしていて心地が良く、安心できるドライバークラブの重さで、決して重すぎず、決して軽すぎないクラブ重量のはずです。時としてゴルフプレイヤーは自分にマッチしていないドライバークラブを購入してしまう場合があります。しかし、結局はその時のスイングにはマッチしていないためにうまく使いこなすことができずに、逆に苦労してしまうこともあるようで・・・

今回のクラブリメイク相談は、つくば市にお住いの、U さん。
この秋のニューモデルドライバーを購入しました。
しかし、どうもシックリこない様子。

調べてみるといつもお使いのドライバークラブの総重量よりも ” 軽い ” クラブ重量のシャフト設定ドライバーだったようです。

ドライバ^クラブの総重量は、その装着シャフト重量によって大体以下のようになる場合が多いようです。
   50gシャフト装着の場合     =    300g~305g 程度
   60gシャフト装着の場合     =    310g~315g 程度
   70gシャフト装着の場合     =    320g~325g 程度
   80gシャフト装着の場合     =    330g~335g 程度

また、同じ S フレックスという表示シャフトの場合、シャフト重量が重たくなるにつれてその ” シャフト硬度 ” は硬めに感じやすいようです。
つまり、50gシャフトで R フレックスのシャフトの場合と、60gシャフトで、S フレックスの場合のシャフトでは、概して、ツーフレックス近いシャフト硬度の違いが出てしまう場合があります。
普段軽く柔らかいシャフトをお使いのプレイヤーには、非常に重たく、硬いクラブ、という感覚になってしまいます。また、その逆の場合は、非常に柔らかく、頼りないシャフト、と感じられ、「 安心してスイングできない! 」 クラブという印象になり易いわけです。

今回 U さんは、以前お使いの、60g台の SR シャフトにシャフトを交換してみることにしました。

クラブリメイク後のクラブスペックは、クラブ長=45インチ、クラブ総重量=310.8g,クラブバランス=D0.5,クラブ振動数=260cpm、でした。SRにしてはシャフト硬度が若干硬めです。これはヘッド重量との関係でしょう。
一度お試しください。どんな感じになるか楽しみです。
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562 FAX 029-855-8567